ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ

理事長挨拶

画像:東京のさらなる観光振興に向けて

東京のさらなる観光振興に向けて

近年、観光は訪日外国人や旅行消費額の記録的な伸びに示されているように、インバウンドを中心に活況を呈しており、国内景気にも大きく貢献する産業に成長しています。
まさに、地域の活性化や経済再生の担い手として、観光振興促進に対する期待感は、ますます高まっている状況にあると言えます。
政府もこの勢いを一過性のものにしないよう、2020年の目標に掲げていた訪日外国人数を4000万人に倍増し、観光を経済成長戦略の柱に据え、観光先進国に向けて万全の対策を講じていくとしています。

東京は、近代的な街並みから歴史が感じられる建造物、そしてファッション、アニメ、ポップカルチャー、食といった様々な文化、さらには多摩・島しょの自然といった豊富な観光資源にあふれています。
こうした東京の多彩な顔を世界にPRし、お迎えする1人ひとりが「おもてなし精神」を遺憾なく発揮することで、必ずや多くの外国人旅行者を魅了し、二度三度と東京を訪れるファンになってもらえるものと存じております。

私どもは、行政と民間事業者の皆様との業界を越えた橋渡し役となり、国内外からより多くの旅行者を東京に惹きつけていくことが、「東京観光財団」に課せられた使命と認識しております。

東京オリンピック・パラリンピック開催を控え、今後より一層高まるであろう期待に応えるべく、さらなる東京の観光振興に向けて、組織を挙げて全力で取り組んでまいります。

前田 新造
公益財団法人 東京観光財団
理事長
前田 新造