ここから本文です。

検定の概要

東京シティガイド検定とは

歴史に育まれた文化や伝統、現代の都市機能や景観、都会のライフスタイルやファッションなど、東京にはさまざまな魅力があります。
東京シティガイド検定は、海外や国内から東京を訪れる旅行者に、東京の魅力をご紹介していただくために必要な知識の理解度を測る検定で、ご当地検定の先駆けとして平成15年から実施しています。

こんな方が受験しています!

受験者は観光関係者又は観光業界への就職を目指す方のみならず、海外のお客様に接する機会が多いビジネスマン、ボランティアなど、身につけた知識と経験を地域の活性化に役立てたい方、またご自身の生涯学習の対象として選ばれる方など幅広い支持を得ています。また、平成24年度より東京乗用旅客自動車協会の観光タクシードライバー認定にあたって、「東京シティガイド検定」の合格を認定条件とする制度が採用されています。

合格すると

合格証を授与します。

東京シティガイド検定 合格証
※画像は第16回のものです。

合格後の活動について

検定合格者の有志は、同じ合格者が中心となって組織する*NPO法人「東京シティガイドクラブ」に入会して、任意の* 「専門グループ」に属し、特定のエリアやテーマについてセミナー参加や探索ツアーなどの活動によってさらに専門性を深め、「観光ボランティアガイド」として国内外から東京を訪れる旅行者にホスピタリティあふれる観光案内サービスを提供しています。

NPO法人東京シテイガイドクラブでは、こんな活動をしています。

自己研鑽を目的とした研修活動

カルチャーセンター的な活動。興味と関心のあるグループ(現在18の研修グループ)に所属して街歩きで学んだり、専門家による研修セミナーなどで見識を深めます。

観光ボランティアガイド活動

お薦めモデルコースを作り、日本語、英語、中国語、ハングルによるガイド活動を行います。またテーマを決めてお客様を募集し、6カ月~1年継続して行う講座形式のガイドツアーにも注力しています。

ホームページから申込む
※他の申込方法、期限等については申込方法をご確認下さい。

東京シティガイド検定 公式テキスト

  • テキストの詳細はこちら
  • 購入する